私が今一番悩まされている大人ニキビ。私の場合はあごにニキビが出来るようになりました。

ニキビは思春期に良く出来るものもありますが、私は思春期にそれほどニキビに悩まされたこともなく、大人になっても疲れている時に少し出来るかな程度。

それが今ではニキビが出来てない時がないくらいにずっとあごに出来続ける。

なぜ急にニキビが出来るようになったのか?改めて大人ニキビ(あごニキビ)が出来る原因を調べてみました。

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

あごニキビの原因

大人ニキビの代表格、あごに出来るニキビの原因は大きく3つあります。
それは、肌の乾燥ホルモンバランスの乱れ生活環境(体内環境)

肌の乾燥

仕事をするようになると空調の効いている室内で過ごす事が多くなります。

サービス業の人なら店内、事務職の人でもオフィス内。外の気温にさらされて過ごす事はほとんどないんじゃないでしょうか。

その様にして快適に整えられた環境でも、エアコンを使う事で室内の湿度が下がります。四六時中乾燥した部屋で過ごしていれば、肌の水分も減ってしまい乾燥しやすくなってきます。

他にもメイクをしたあとのスキンケアを間違った方法で行ってるために、肌の乾燥を引き起こしている場合もあります。
参考鼻の皮が剥ける原因は手入れの仕方が問題。肌に負担を与えないスキンケア方法

クレンジングする時に何度も指をくるくると撫で回してしまったり、化粧水をつける時にコットンで必要以上にパッティングをしてしまう。
そして綺麗にしようと洗顔しすぎてしまうのも乾燥肌の原因になるとか。肌のためにやっていたつもりが余計に負担をかけてる場合があります。
参考ダブル洗顔が肌の乾燥を引き起こす。正しい洗顔は「素早く」がポイント

そして肌が乾燥する事によってその結果角質が厚くなり、毛穴をふさいでニキビが出来てしまいます。

スポンサーリンク

 

ホルモンバランスの乱れ

女性は月経周期でホルモンバランスが変化しますが、そこでストレスや睡眠不足などの影響でホルモンバランスが乱れてしまう事があります。

月経周期は卵胞ホルモンと黄体ホルモンが交互に作用することで成り立っていますが、その黄体ホルモンには皮脂分泌を増やす作用、肌の水分量を低下させる作用があります。

そのため生理時期にニキビが出来やすくなる事が多いです。

今は女性でも夜遅くまで仕事をする事が多いです。ストレスを感じると緊張状態が続き血液の流れが悪くなります。血液の循環を良くしようとホルモンが分泌され、そのホルモンが皮脂腺を刺激するために過剰分泌が起きてしまいます。

睡眠不足でも交感神経が優位に働くようになり、交感神経が男性ホルモンの分泌を促すため皮脂が過剰分泌されます。

生活環境

主に食生活ですが、アルコール・コーヒーなどの刺激物が胃に負担を与え内臓の働きを低下させてしまいます。

そして消化吸収が衰えて、胃に残った毒素を体外へ追い出すために毛穴がダメージを受けてニキビが出来やすくなる場合もあります。

アゴニキビを防ぐ予防方法

大人ニキビの原因は思春期ニキビの様に皮脂の過剰分泌だけが原因ではなく、いろんな要素が絡み合って出来てしまう事が多いです。ではどの様にケアをした方が良いのか。

まず肌の乾燥。これはクレンジング方法も大事で、洗いすぎると余計に乾燥してしまう場合があります。ニキビができるからといって何度も洗顔をすると逆効果になってしまいます。
ホルモンバランスの乱れはストレスや睡眠不足が引き起こすので、なるべく規則正しい生活。睡眠時間も6時間以上はとった方が肌に負担を与えません。

そういう生活が難しいならなるべくストレスをためない。気分転換が出来る趣味や時間を持った方がいいですね。

食生活も刺激のあるものは避けて、なるべく胃に負担のかからない、消化の良いものを食べる。そして大豆製品などイソフラボンを多く含む食品は女性ホルモンを増やす効果があります。こういう食材を積極的に取るようにしていく。

アゴニキビの原因は結局は生活の乱れの表れです。

一時的に薬で治っても、またすぐ出来てしまいます。アゴニキビは体が悲鳴をあげてるサインかもしれません。

これを機に自分の生活習慣を見直してみるといいですね。