一人暮らしを始めたらまず一番最初に揃えるのは寝具だと思います。寝る環境は大事。

ここで考えるのがベッドにするのか直接床に布団を敷いてねるのか。どちらも一長一短あります。

部屋の大部分を占めるけど私は断然ベッド派です。ベッドのメリットを以下に。

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

毎日布団の上げ下げをしなくて済む

布団の良いところは使わない時に畳んでしまえば部屋を広く使えることです。

でも毎日毎日布団を片付けられますか?深夜に帰ってきて疲れて今すぐにでも寝たい時に布団を敷くとか、寝坊して化粧をする時間もないくらいの時にわざわざ畳むとか。

現代人はとにかく忙しい。大した手間じゃなくても毎日続けば面倒になります。

布団生活は部屋を広く使えるけれど、日々の小さな手間が多い。それを気にせずに使えるならいいですけど、私は無理でした。

寝たいと思ったらすぐ横になりたいし、朝はギリギリまで寝ていたい。そんなずぼらな人だったらベッドを使う方が快適に生活できます。

ずぼらな人向けの片付けのコツもあります→参考ずぼらな人ほど収納スペースは減らすべき理由

床近くで寝るとほこりが気になる

直接床に布団を敷くとほぼ床に寝てる状態になると思いますけど、その場合私は床ほこりが気になってしまう。

もちろんちゃんと掃除はしてますが、毎日掃除をしたとしても、床のほこりは完全にはなくならないじゃないですか。

昔ベッドがない頃は、部屋は和室がほとんどでした。和室なら床のほこりが舞う事も少ないので布団でもいいんですが、今はほとんどフローリングです。

フローリングはとにかくほこりがすぐたまる。

それほど気管支が弱い方ではないですが、寝てる時にそのほこりが気になってしまう。1日では大したことなくても、それが毎日一生続くことなんで、なるべくなら気持ちいい環境で眠りたいです。

スポンサーリンク

 

クローゼットを広々と使える。

布団生活なら畳んだあとクローゼットや押し入れにしまわなくちゃいけませんけど、一人暮らしの収納スペースはただでさえ小さい。

クローゼットの他に押し入れもある部屋ならいいですけど、布団をしまったら収納スペースの半分近くを占めてしまうので洋服がしまえなくなってしまう。

しまう場所がないからって布団を部屋に出しっ放しにしておいたら、多少の大きさが違うだけでベッドを使うのと大差ない気がするんですが。

それにベッドを使えばベッド下に収納スペースが出来るので、布団生活よりも収納スペースが広くなります。

だったら畳む必要のないベッドの方が見た目もいいと思います。

布団の手入れが面倒

敷き布団は定期的に干さないとダニやカビの原因になってしまいます。それも一人暮らしのベランダだと狭いのでなかなか干しづらい。

だったら布団乾燥機使えばいいじゃないと思いますけど、布団乾燥機っていう家電が部屋にあるのが邪魔です。

部屋を広く使いたくてベッドより布団生活にしたとしても、別の新たな家電を置いていたら意味がない。

ベッドならシーツとベッドパッドを洗えばうだけでいいので、干しやすいし手間もかかりません。ベッドの方が寝具の手入れもしやすいです。

広さよりも快適さ

一人暮らしの部屋が狭いからって広く使えるように布団生活にしても、毎日の生活での手間が増えたら結局は続けられなくなります。

自分一人しかいない部屋ならベッドでも布団でも感じる部屋の広さはそれほど変わらないです。だったら多少の広さを犠牲にしても快適さが必要だと思います。