40代になると急激に肌の衰えが目に見えてきます。

家にいる時はメイクをしない事が多いんですが、くすんでて顔色が悪く見えてしまいます。

肌の手入れはちゃんとしているつもりですが、それでも肌色は良くならず疲れてるようにみられがちです。

加齢のせいもあるんだろうなと思ってましたが、色々と調べてみたら肌のくすみたるみはそれだけではない原因もあることがわかりました。

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

肌のくすみ・たるみはタンパク質不足

タンパク質は筋肉を構成する重要な栄養素。

ボディビルダーなど体を鍛えてる人は積極的にタンパク質をとっていますよね。そのタンパク質は肌にも大事な役割を持っていて、不足すると肌にハリがなくなってきます。

加齢とともに体重の増加が気になってきて食事制限をしがちですが、痩せたいからって食事の量を減らしているとタンパク質不足になります。

野菜ばかりたべていてもそうです。タンパク質は筋肉を作り維持するために必要な栄養素なので、ダイエットするにもちゃんとタンパク質を摂取した方が良いんです。

以前私がダイエットしてた時→参考運動嫌いな私が1年で10キロ痩せた方法
この時は炭水化物の摂取は控えてましたが、肉・魚などのたんぱく質は食べるようにしてました。
そして美容にいいと言われてるコラーゲン

このコラーゲンも実はタンパク質の一種なんですって。タンパク質が不足すると、他のタンパク質の生成も体内で行うので、よりコラーゲンが不足しがちになり、このコラーゲンが不足するとしわやたるみの原因になります。

だからってコラーゲンだけ一生懸命摂取しててもダメですよ。コラーゲンの合成にはビタミンCも必要になってきます。なのでサプリメントなどでビタミンCも合わせてこまめに摂取し、肌のくすみ・たるみ対策をした方がいいですね。

スポンサーリンク

良質なタンパク質を含む食材

タンパク質と一言にいっても、いろんな食材があります。取るなら良質なタンパク質を摂った方が良いと言われてます。良質なタンパク質をどう見分けるのかというと「アミノ酸スコア」が高いものが良質なタンパク質と言えます。

ここで「アミノ酸スコア」の説明をすると長くなってしまうので省略しますが、

(アミノ酸スコアをわかりやすく説明してるサイト→外部サイトアミノ酸スコア100ってなに?アミノ酸価と体質の関係
そのアミノ酸スコアの高い食材は、牛肉・豚肉・鶏肉・アジ・鮭・鶏卵が代表的な食材です。
ボディビルダーとか体を鍛えてる人がよく食べてるイメージのある食材な感じがします。

牛肉

牛肉と言っても部位がいろいろあって成分も変わってくるので、カロリーが気になるなら脂の多いカルビやサーロインではなくヒレ肉や赤身を摂取するのがおすすめ。

豚肉

豚肉は疲労回復に役立つビタミンB1が豊富なので、私は一番よく食べています。ここでもカロリーが気になる方は脂身を取り除いたりヒレやもも肉を選ぶといいですね。

鶏肉

ささみや胸肉はカロリーも低いし積極的に摂りたい食材。鶏皮はカロリーが高いので、気になる方は皮を除いて調理した方よりヘルシーに摂取できます。

鶏卵

卵は各種栄養素をバランス良く含んだ完全食品。もちろんアミノ酸スコアは100で、ビタミンもビタミンC以外はほとんど含んでいます。他に骨を丈夫にするカルシウムや貧血の予防に効果のある鉄も含み毎日積極的に摂りたい食材の代表格です。

肉ばかりではなく魚も積極的に摂っていく方が良いです。

鮭はアミノ酸スコアが100なので、アミノ酸のバランスがとても良いです。そして鮭の皮はコラーゲンが豊富です。皮は残さず食べた方がお肌に良いですね。

それと肌以外に血液中の中性脂肪の吸収を抑えるEPAと脳の働きを活性化させてくれるDHAも豊富に含んでいます。

アジ

そしてアジもアミノ酸スコアが100とアミノ酸のバランスが良い上にEPAとDHAも豊富に含んでいます。肌以外にも年齢を重ねると出てくる骨粗鬆症の予防にも効果的です。

健康的な肌は体の中から作る

このように美肌というと肌を直接手入れすれば良くなると思いがちですが、肌も体の一部です。

体内からしっかり体を構成するための栄養を取り入れないと綺麗になれないってことですね。ダイエット目的で食事制限していたら、余計に肌がくすんでしまったってことにならないように普段の食事にもしっかり気をつけたいところです。