私は一時期フィルムカメラで写真を撮るのが趣味だったんですが、撮って現像した写真が家に何枚かあります。

しまい込んでいてももったいないので、その写真を部屋の壁に飾っています。でも一人暮らしの部屋は賃貸なので、壁に画鋲を刺したりできません。

ではどの様に飾っているのか。マスキングテープを活用すれば壁を傷つけずに飾ることができます。

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

マスキングテープを使って壁面を飾り付け

カラフルでかわいい色が沢山売ってるマスキングテープですが、元々の用途は工業用の養生テープでした。

塗装等の際、それらがはみ出して作業箇所以外を汚さないようにするために貼る、保護用の粘着テープ。「マスキング」は「包み隠す」、「覆い隠す」などの意味で専門的には「養生」と呼ばれ、マスキングテープは養生資材のひとつである。

引用:マスキングテープ-Wikipedia

基本的に後ではがして使うテープなので粘着力がそれほど強くない。壁紙に直接マスキングテープを貼り付けても跡が残らずキレイにはがせます。

私が部屋の壁紙に貼ってるのは自分で撮ったお気に入りの写真。

161121

現像した写真とネガは、残したいものだけを厳選して他は処分してしまいました。

参考昔のアルバム写真と増え続けるデジタル写真を整理して捨てるコツ

せっかく選んで残したのだから、いつも目につく様にしておきたい。

PCデスクの目の前は真っ白な壁があるので、ここにちょうど貼ればいいんじゃないかと思いついて貼ってみました。

スポンサーリンク

 

マスキングテープの粘着力はどれくらい?

普通のテープだと壁紙に跡がついてしまうと思い、その時もっててあまり使ってなかったマスキングテープを試しに使ってみたら、部屋の壁紙を傷つけることもなく、綺麗に貼る事ができました。

マスキングテープは後で綺麗に剥がせる様に作られてるので、跡をつけたくないものを貼るのに丁度よかったんですね。

ちなみに粘着力ですが、剥がしやすいテープなのでそれほど強くないと思われるかもしれません。

今の部屋の壁紙に写真を貼って1年以上経ちますが、未だに一度も剥がれ落ちた事はないです。

時々テープの跡ついてないかな?と思って試しに剥がしてみても跡は残ってなく、また再度貼り付けても大丈夫なくらいです。

写真に直接テープを貼ってますが、写真の方にもテープの跡はつかずに綺麗にはがせます。貼る場所も部屋の壁ならどこでも貼れるので、気軽に貼り直すことも可能です。

わざわざ買い足さなくても飾れるから物が増えない

写真を飾ろうと思うとフォトフレームを買ったり、壁に直接貼る事が出来なかったらコルクボードを購入してそこにピンで留めて飾る方法がありますが、そうすると部屋に余計な小物が増えてしまう。

そして今写真を飾る生活をしていたとしても、その後気が変わって飾るのを止めてしまうかもしれない。(私は飽きっぽい性格なので大いにありうる)

その時にはフォトフレームやボードがいらないゴミと化してしまうので、何も買い足さずに飾れる今の方法が私には丁度よかったです。

写真だけでなくポストカードでも貼れるので、持ってるのにしまい込んでるお気に入りのカードがあれば壁に貼ってみてもいいかもしれません。

シンプルな暮らしの中でもちょっとした彩りを加えてみる

マスキングテープで貼る方法はテープを買うだけですぐできます。

何か大きな買い物をするわけじゃく気軽にできるので、試してみてちょっと違うなと思っても無駄になるものが少ないです。

物の少ないシンプルな暮らしでも、部屋に花を飾る様に、少しだけ彩りを加えてみるとまた違った新鮮な気分が味わえますよ。