一人暮らし自炊をよくする人ならキッチンの広さは重要になってきます。

今では1Kの一人暮らし用の部屋でもキッチンはシステムキッチンがついてるところもあったりしますね。

それなりに広さがないと自炊しづらい、一人暮らしによくある狭いキッチンだと自炊が難しいのかどうなのか。結論から言えば狭くても自炊はできます。
ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

狭くても自炊はできる

実際私の家のキッチンは一口しかコンロがないです。

161018

実際の我が家のキッチン。収納スペースも作業場所も殆どありません。狭いキッチンだと料理するのにも時間がかかるのでそれなりにコツはいります。

野菜から肉・魚へ。料理する順番がポイント

私の場合は平日に自炊ができないので、料理は週末に常備菜を作ることが殆どです。

私が週末作ってる常備菜たち→一人暮らしの作り置き

なので一気に何品か作るんですが、まず最初は野菜から下ごしらえを始めます。これは極力洗い物を少なくするためなんですけど、野菜でも葉物野菜など先です。

じゃがいもとかの芋類だとでんぷん質が多くて包丁が汚れやすいので後で処理します。野菜だけで作れるものをまず先に調理していきます。

電子レンジを最大限に活用

コンロが一口しかなければ他の調理家電をうまく活用するしかないので、電子レンジが大活躍です。

野菜の下茹ではコンロではしないで全て電子レンジでまかなう。今では野菜を蒸すための電子レンジグッズも売ってますし、火を使わなくても電子レンジだけで作れるレシピがたくさんあります。

電子レンジは電磁波がーとか言ってる場合ではないです。一人暮らしでは電子レンジなしでは生活できないくらい必須家電。

あと私はオーブントースターも持ってますので、焼き物系の料理はトースターを使って調理することもあります。

コンロがないなら電子レンジを使えばいいじゃない。

スポンサーリンク

 

煮物料理は途中で作る

コンロを必要とする料理だと煮物料理がありますけど、一口しかないと煮物を作ると他の調理ができなくなります。なので作るタイミングが重要なんですが、私はこれを最初でも最後でもなく料理途中に作り始めます。

それは料理をして、フライパンや鍋など使い終わった調理器具をシンクにおいておくんですが、一人暮らしのキッチンのシンクはとても狭い。全ての料理が終わった後に片付けようと思ってても途中でシンクがいっぱいになってしまうので、一旦その時点で使い終わった道具を片付けます。

その時に放置しても大丈夫な煮物を火にかけておいて、煮物を作りながら洗い物をする。あとでまとめて洗い物をするより時間短縮ができます。

肉・魚料理は一番最後に

主菜となる肉や魚料理は一番最後に調理します。それは調理器具が一番汚れやすいので油汚れは一番最後に洗いたいっていう理由です。

油汚れは落ちにくいので最初に調理すると片付けにも時間がかかります。洗い物も汚れが少ないものから順に片付けていく方が手間も時間もかかりません。

料理は片付けする順番も考慮して考えるとかなり時間が違います。

少なくても工夫しだいでなんとかなる

これが私なりに一口コンロで料理する時のコツや意識してることです。以前はシステムキッチンの付いている部屋に住んでたのでそれに比べたらとても不便なキッチンですが、だからと言って料理できないことはありません。

なんでも(新しく買えば便利になるかも…)っての考えることがあると思いますが、工夫する意思があれば生活はどうにでもなりますよ。