学生時代の友人は一生の友になるから大切にした方がいいって話を聞いたことあります。

私が学生時代を過ごしてから20年以上時が経ちましたが、その時の友人と今も交流があるかと言えば微妙です。

全く縁は切れてないけどやり取りは年賀状くらい。会うとしても2、3年に一度。

せっかくの縁を無駄にしちゃいけないと思ってやりとりを続けてるなら、それは必要ないんじゃないかと思います。
ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

同じような環境で過ごすのは学生時代だけ

学生の時は行動パターンがみんな同じです。同じ時に勉強して同じ時期にテストがあり、同じ年に進級する。

行動範囲も似てて見てる世界も狭いからその時は似たような価値観を持って過ごしてたと思います。

その時興味があるものも恋愛やファッションだったり受験の年だったら進路の話だったりと同じものに目を向けて、同じものに一喜一憂しています。だからお互いに共通点がたくさんある。

話をしても尽きない関係でいられる。でもそこから社会に出るとみんな環境が変わります。

同じだったのが時間とともに変わっていく

実家から離れた土地で就職する人、土日休みで定時退社できる会社に就職する人、毎日残業の多い仕事に就く人、平日休みで勤務時間もバラバラな仕事に就く人。

今までずっと同じだったライフスタイルが社会に出て多様化していきます。そうすると物理的に時間が合わない。

そして年齢も重ねていけば結婚して子育てする人もでてくる。キャリアウーマンになって仕事に専念する人もいる。私の様に結婚もせず一人で暮らす人もいる。

同じ年でもライフスタイルが全く違ってきます。そうなると考え方や大切なものが人それぞれ違ってくる。今まで共通してたものが少しずつ無くなってしまうんです。

スポンサーリンク

 

友達は何か共通点があるからお互い惹かれる

友達になるキッカケって何が一番多いですか?同じ地域に住んでいる、兄弟構成が同じ、好きな音楽や趣味が同じ。

共通点が多いからそれをきっかけに親しくなる事が多い気がします。

学生時代は共通点が多くて仲良くしてたけど社会にでれば過ごす環境も変わり、考え方も変わってきます。そして価値観も変わってきます。

逆に新たな生活を始めることで、共通点の多い人に出会うことが多くなります。人とのコミュニケーションで一番最初のとっかかりって自分との共通点を見出したから興味を持つことが最初だと思うんです。

自分が大切だと思ってることが相手はそうじゃない場合がある。

私の場合、学生時代の友達はみんな結婚して子供がいるので、話題が家族や子供中心なんですよね。そういう場だと正直私は話すことがない。

逆に私が仕事のことを話したくても、フルタイムでがっつり働いてる友達はいないので、私が共感してほしい部分が全然わかってもらえない。

会話が一番簡単に他者とできるコミュニケーションなのに、そこでつまずいてしまいます。会話がなくても通じ合えるのは四六時中一緒に居る家族か夫婦ぐらいです。

付き合いづらくなったのは生きるステージが変わったから

昔仲よかったのに、今ではあまり話が合わなくなってしまったのは、お互いの生活するステージが変わってしまったから。

どちらかが悪いわけではないと思うんですよ。そこで無理して関係を続けてもお互い良いことないと思うので、潔く終わりにしてしまえばいいと思います。

いびつになってしまったものの形を維持するために時間を使うより、新しく創り上げた方が精神衛生上良い。

新たな出会いに怯まない

その代わり新たに出会う人には怯まず接していくこと。

仕事関係でもプライベートな事でも気になった人には自分から積極的に関わっていく様にしています。昔は人と話すのが一番苦手だったのにものすごい変化ですけども。

参考苦手なことを克服するたったひとつの方法

私はここ2.3年で知り合った友人が結構います。

それは私がその当時、新しく興味を持ったことがあって、もちろん一人でもできる事だったんですが、思い切ってそのコミュニティに飛び込んでみました。

そしたらそこから交友関係が広がり今では一回り以上も年下の友人ができました。昔の自分だったら絶対に知り合う事のなかった人たちです。

人ってその時々で興味のある事や生活スタイルも変わるし、自分の考え方も生きてれば変わってくる。その中で友だちだけが変わらないのもおかしな話だなと思うんです。

縁遠くなってしまった事を悲観しない

もちろん自分が変わってもずっと変わらずに付き合い続けてくれる人はいるけど、そういう人は1人か2人いればいい方。

逆に私が遠ざけられてしまっても、そこで深追いはしません。来るもの拒まず去るもの追わずの精神です。

人間関係だって普段の生活と同じ様に難しく考えすぎず、シンプルにその時会いたいと思った人に会えばいい。そんな気楽さで人付き合いをしていきたいです。