まだ部屋にいらないものがたくさんあって、シンプル暮らしとは程遠いですが、それでも気にし始めてから少しずつ生活に変化が出始めています。

暮らしがどんな風に変わってきたのか。私が感じたことを書いてみたいと思います。

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

決断が早くなってきた

数多く物を持ってるということは使う時にその中から選びだすことです。

数が多ければそれだけ選択肢が増える。即断即決できる性格ならばいいですけど、選択肢が増えれば迷う時間も増えてきます。

その迷う時間がもったいないなと思ってましたが、物が減れば必然的に決断する時間も短くてすみます。

私の場合、その日履く靴に悩む時があったんですが、今は履く数を減らしましたので平日は3足をローテーションで履いてます。雨の日だったらそこにレインブーツが加わる感じです。

同じ靴を毎日履くと傷むのが早いらしく、最低でも1日は空けた方がいいらしいので。3足+雨の日用1足がベスト。

こうして持ってる物が少ないと選ぶ時間がかからなくなるので、何かを決めるのが早くなります。洋服に関してはまだ朝何着るか迷って時間を費やしてしまうことがあるので、次は洋服を迷い無く選べるようにしていきたいと思います。

買い物する時にまず必要かどうか考えるようになった

今までは欲しいと思ったら勢いで買ってた時もありました。

それで愛用してるものもありますが、買ったはいいけど使い勝手が悪くてあまり使わなくなったものもたくさんあります。

今までは使わなくなったものでも捨てずになんとなく部屋の片隅に追いやってたんですが、今は使わないものは部屋にすぐに捨てることにしてます。

買い物するのは好きですけど、まだ使える新しいものを処分する時にものすごく罪悪感が生まれます。ものに対してもそうだし、その商品を作った人や売ってるお店の人にもすごく申し訳なく感じてしまいます。

捨てる行為でそんな気持ちが膨らんでくるのも新たな発見でした。

そんな気持ちになりたくないので、欲しいと思っても勢いで買わずに、本当に必要なのか、なくても生活できるんじゃないのか、まず一呼吸おいて考えるようになりました。

今までは季節の変わり目などには必ず洋服を買っていたんですが、ここ最近は今持ってる手持ちの服で過ごせないかどうか考えて生活してます。

なので今年の春から服はまだ一度も買ってません。これは自分的にかなりの変化になりました。

スポンサーリンク

 

物を愛用するときの自分の志向がわかってきた

使わなくなった物を捨てる時、なんでこれは必要なくなったんだろうって考えることにしてます。

ブログの「捨てたもの」記録を書き始めたのも大きいですが、そこでしっかりと理由を考えることで、自分がどんなものなら長く使い続けるのか、そして自分に必要ないものはどれか。自分が物を使う時の志向がなんとなくわかってきました。

鞄を捨てた時には→参考使わないなら今捨てると決めたもの。-捨てる理由その6

人から貰ったものは使わなくなる事が多いからあまり気軽に物をもらわない方がいいなとか、

靴を捨てた時には→参考見た目と使い勝手は別問題-捨てる理由その3

紐を結ぶのが面倒に感じるから、今度靴を買う時は革靴よりもスニーカー。そして紐のないスリッポンタイプの方がいいなとか。

前もって避けておいた方がいいこともわかるようになりました。今まではそんな事も考えずに過ごしてたので、同じ失敗を繰り返すこともあった気がします。

持たない暮らしは減らす事が目的ではなく、暮らし方をコントロールする事

物を減らす事で、身の回りのいらない物が減ってスッキリとした暮らしができるのはもちろんですが、それ以外の効果が私には大きかったです。

私には物欲をなくして暮らすというのは無理です。でも買い物に依存した暮らしもしたくない。そのバランスをうまく取れる様に、自分をコントロールするのが少しずつですが上手くできる様になってきたかなと思います。

持たない暮らしは「物」を減らしてすっきりできる以外にも、良い効果がたくさんありますよ。