苦手なことがあって、それを克服したい時って思う時があると思います。

でも挫折してなかなか叶わない。私も未だに苦手なことたくさんあります。でも反対に克服できたこともあります。

それが克服できた理由ってなんだったんだろうって考えたら、何も特別なことはしないでたったひとつの方法で苦手なことを克服してました。
ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ただひたすらに続けること

その方法とは苦手でもひたすら続けることだったんです。そんな事で克服できるの?と思われるかもしれませんが、出来たんです。

投げ出したかったけど出来ずにやるしかなかったら、いつのまにか苦手ではなくなっていました。

嫌いなビールがいつの間にか好きな飲み物に

私は短大卒で就職したので社会人になった時は21歳。

お酒が飲める年になってまだ1年だったのでそれほどお酒自体飲んだこともなく、学生の頃コンパに参加した時でも、ジュースみたいなカクテルしか飲めない程度でした。

でも社会人になったら会社での飲み会が何度かあって、そういう時は必ず最初はビールを飲まなきゃいけないんですよね。

Bar

ビールなんて苦いだけだし飲みたくないと思ってても、会社の先輩や上司に勧められたら断る訳にはいかず仕方なく飲むことに。

それからも新年会や忘年会、同期との飲み会などお酒の席は学生時代に比べて格段と増えて、その度に「とりあえずビール」で最初にビールを飲んでる生活が続いていたら、ある時苦味が気にならなくなってきた。

そして逆にカクテルや梅酒などの甘い飲み物が口の中でまとわりつく感じがして、あまり飲みたいと思わなくなってきた。

機会があるごとにビールを飲んでいたらいつの間にか美味しく感じるようになり、今ではお酒を飲むならビール!くらいに好きな飲み物になってました。

ビールが美味しく飲めるようになったのは26歳ぐらいの頃だったので5年くらいかけて克服しました。

例えがお酒で申し訳ないけれど、本当に嫌いだったものが好きに変わるなんてすごいなって自分で思ったのを覚えてます。

スポンサーリンク

 

人と話すことが怖かったのに一人で営業できるまでになった

 

ビジネス

私は子供の頃から対人恐怖症気味で人と顔を合わせたり話したりすることがとても苦手でした。

道端で近所の人に会いそうになると、顔を合わせなくても済むようにわざわざ遠回りして家に帰るくらいに人が苦手。

親しくなれば話せるようにはなったのですが、それでも積極的に自分から接することはなく、就職活動をしてる時には出来るだけ人と話さなくていい仕事を条件に探していました。

そうして就職しても会社にかかってくる電話も苦手で、殆ど自分から電話はとらず、事務所内でPCに向かって黙々と仕事をしている日々でした。

それが部署異動になりなぜか営業職に。

営業なんて一番したくなかった仕事だったので仕事辞めたいとも思ったんですが、その時に上司になった人がとても尊敬できる人で、私を必要としてくれてたので、その人に迷惑かけないためにも頑張ってみようと思ったんです。

でもやっぱり人と話すのが怖くてできない。最初は上司に同行してもらい後ろについててもらう形で始めて、まずは1件営業できるようになる。

そしてその1件が慣れたら今度は一人で営業しに行く。そして一人で行くことにも慣れたら担当をもう1件増やす。

こんな感じで少しずつ慣らしながら仕事をしていったら、人を介すより自分が話した方が早いので、自分で営業先に電話をして確認をとり、初めての場所でも一人で営業しに行けるようになりました。

そしてプライベートでも初めての人と会うのに抵抗がなくなり、趣味の場に積極的に出掛けるようになって40過ぎてから新しく友達もできました。→参考腐れ縁は今すぐ切る。昔の友より今の新鮮な縁を大事にする

これも営業職に変わって一人で仕事できるようになるまで3.4年かかりました。

完璧を求めず少しずつクリアする

最初から完璧に克服するんじゃなくて、体に馴染むように少しずつ進めていくのが良いです。

ビールだって最初はグラス1杯も飲めなかった。でも飲めないのを無理やり勧められることはなかったです。

一口だけ飲んでくれればそれでいいっていう感じだった。その1口が慣れてくると自分でもうちょっと飲んでみようかなって気になる。

そして一口がグラス半分、そしてグラス1杯と量が増えていき、好きな味に変わっていった。

仕事も同行して1件だったのが一人で1件、慣れたら営業先をまた1件増やす、という方法で少しずつ増やしていきました。

最初から全部やれと言われたらくじけてしまってたと思います。

逃げ場のない状況を作り出す

これはどちらも逃げ場がなくやらなきゃいけない状況だったので続けられたんだと思います。

お酒の件でもその場の空気や上司からの勧めで断りきれず飲むしかなかった。営業職の件でも仕事だからやりたくないじゃ済まされない。

やらなきゃいけない状態で続けたから克服できたんだと思います。自分一人の意思だけだったらとっくに諦めてた。

だから何か克服したいことがあったら一人でやりきるんじゃなくて、誰かに協力してもらった方ができる気がします。

最後に

何かを成し遂げるには特別な道具や知識や経験は必要なくて、ただひとつ「続けること」が一番必要なんだとわかりました。

「継続は力なり」っていう言葉は本当なんです。

今ではそこまでして克服しなきゃいけない苦手なものなんてないかなと思ってましたが、ひとつありました。

体を動かすのが苦手なので運動することを習慣にしたい。この方法でなんとか運動不足も克服したいと思います。