部屋には自分が必要でないものは出来るだけ置かないようにしてますが、自分の意思ではどうにもできずに、ある日ものが増えてしまうことがあります。

それは人からもらうプレゼント

プレゼント

それをなるべく上手く貰わない様にする方法。貰うとしてもなるべく無駄をなくす方法を書いていきます。

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

貰って頻繁に使うプレゼントってあまりない

プレゼントってありがたいし、私に贈り物をしたいって思ってもらえる事が嬉しいですよね。でもどうしても好みに合わないとか、趣味に合わず使わないものをもらってしまう事があって取り扱いに困ります。

角が立たないように断ればいいんでしょうけど、どうしても断れない人がいる訳で。それは両親なんですけれども。

両親は悠々自適な年金生活をおくっていて、旅行にも二人一緒に出かけてるんですが、その旅行先のお土産を離れて暮らしている私にも買ってきてくれます。

離れて暮らしてるからこそ、娘に何かしてあげたいと思っての行動なんでとてもありがたいんですが、両親は私の好みを把握してないので全く趣味の合わないものを買ってきてくれます。

普段カジュアルな格好しかしないのにブランド物の華奢なデザインの牛革バッグとか、ものすごいプリントが施してあるTシャツとか。どう頑張ってみても趣味があわず自分では使いようがないもの。

せっかくのプレゼントなので捨てるのも申し訳ないし、以前買ってこなくてもいいよと伝えたんですが、ものすごく淋しそうな顔をされてしまいました。

両親からしてみれば買わないという選択肢がないらしい。

どうしても娘に何かをプレゼントしたい。こうなったら好みに合わないプレゼントをもらわない方法はどうしたら良いか考えました。

スポンサーリンク

 

その土地名物の食べ物にしてもらう。

 

観光地ではその土地の名物がお土産としてたくさん売ってますので、買うのが難しいものではないと思います。

食べ物だったら私も嬉しいしお土産で売られてるものでまずくて食べられないというのは殆どないだろうし。そして食べきってしまえば無くなりますから、ずっと部屋に残ることもない。

食べ物以外だったら使ってなくなるものにしてもらう。

 

海外に行った場合だと食べ物じゃ難しい場合があるので、そういう時は化粧品をリクエストするようにしてます。

基本的に両親はパックツアーでしか旅行をしないので、そういう場合免税店には必ず寄る時間が設けられてます。免税店だと化粧品は必ず売ってるので探す手間も省けて両親も買いやすい。

化粧品といっても基礎化粧品だと肌に合わない場合もあるかもしれないので、口紅かハンドクリームにしてもらってます。

日本でも販売しているブランドだと分かりやすいかも。

兄夫婦がハワイに新婚旅行に行った時に買ってきてもらったお土産はロクシタンのハンドクリームでした。普段からハンドクリームはロクシタンを使ってたのでこれは大変ありがたかったです。

友人たちの場合はリクエストしてしまう。

家族ではなく友人・知人の場合にはリクエストしてしまいます。

ピンポイントでリクエストするんじゃなくて、ざっくりとした用途だけ伝えて何を選ぶのかはお任せしてます。

ある程度私の嗜好をしっているので全く合わないものを贈られることは少ないです。

どうしても合わない時には処分する潔さも

それでもどうしても合わない時にはしばらく使ってみて処分してしまいます。全く使用しないのも申し訳ない。

もちろん心苦しさはあるけれど使わないものを家に置いていても仕方ないもの。

(実際プレゼントで貰ったバッグを処分しました→参考使わないなら今捨てると決めたもの。-捨てる理由その6

プレゼントしてくれた人の気持ちはしっかりと受け取ってますのでそれでチャラにして欲しいです。切に。本音は欲しいものがあれば自分で買うので何もくれないのが一番いいです。

感謝の気持ちは必ず伝える

こんな感じで贈り物に対してシビアな反応を示しますが、どんな場合でも感謝の気持ちは直接伝えるようにしています。

両親のプレゼントを断るときがあるんですけど、その時でも「気を使ってくれてありがとね」と一言添えるようにしてます。

物が入らないだけで気持ちまでは拒否してないよっていうのがちゃんと伝われば気まずい思いもしないでお互い気持ち良く過ごせます。