なにか新しいことを始めたい。そう思うことは常にあると思います。そして最適な時期はいつだろうって考えることもあると思います。

ただ、やりたいことを始める最適なタイミングなんてのはありません。

ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

できない理由は探せばいくらでもある

これは何か本でよんだのか、誰かに教えてもらったのか覚えてないんですが、何かを始めようと思ってても躊躇してしまう時に思い出す言葉があります。

 

若年期には体力と時間はあるけどお金がない。

青年期には体力とお金はあるけど時間がない。

老齢期にはお金と時間はあるけど体力がない。

いつでも何かが足りないので、それが理由にはならない。

 

何かを諦める理由って〈体力・時間・お金〉の3つが大きな要因になりますよね。

学生の頃は自分で働いてないからお金がない。お金が足りないから諦めた事はあります。

そして社会人になって自分でお金を稼ぐようになると、こんどは仕事が忙しくなって時間を捻出できなくなる。

最後、定年して仕事することもなくなり自由な時間と蓄えがあったとしても、加齢とともに体力はなくなり、健康維持するので精一杯になってしまう。

結局はいつも何かが足りないんですよ。だから今この3つの理由でなにか始めるのを諦めようとしてたら、いつまでたってもできないってことです。

今の自分は時間がない状態

自分の状況に当てはめると40代は青年期の時期ですかね。体力とお金はあるけど時間がない状態。

確かに社会人になって20年近く経ってるのでそれなりに蓄えもあるし、年収もそこそこある。

でも仕事では経験を積んだ事で任される仕事が多くなり、残業する事も多々有ります。毎日やりたい事よりやらなきゃいけない事をこなすので精一杯だったり。

他の同年代の人も仕事や子育てが一番忙しい時期なんじゃないかな。

スポンサーリンク

 

考えてるよりもずっと簡単

私は慎重派で臆病なので何か新しいことを始めたいと思っても、頭でいろいろ考えてしまって躊躇してしまうことが多いです。そして忙しいから、時間が取れないからって諦めてしまった事もあります。

でも逆に本当にやりたいと思ったことは睡眠時間を削ってでもしてました。あと仕事がどうにもならない時には、申し訳なかったけど同じ会社の人に助けてもらったりもしてました。

始める前は周りの人に迷惑かけたらどうしようとか続けられなかったらどうしようとか考えてたんですけど、やり始めたらなんとかなった。要は意識の問題だったんですね。

時間がないからって諦めてたのは結局それほど本気でやりたいと思ってたことじゃなかった。それにどうしてもやりたいけど目の前に問題があったらどうしたらできるようになるか頭をフル回転させて考えます。

自分でできる方法がないか考えて工夫し始めるんです。諦めてしまうと工夫する努力さえ放棄してしまうことになる。

始めても失敗したっていいじゃない。ダメだと思ったら方向転換すればいいだけ。

いつも最悪の事態を考えて怯んでいたけど、そんなに悪いことは起こらずにむしろ自分の世界が広がることが多かったです。そのチャンスを逃すのはもったいない。

チャンスの神様は前髪しかない

有名な言葉に「チャンスの神様は前髪しかない」って言葉があります。

目の前にチャンスがきてもすぐ掴まないと、目の前から立ち去った時にはもう掴み取る前髪は遥か先に遠のいてるから掴めないよっていう、だいぶ端折りましたがそんな意味。

チャンスは他人から与えられたものではなく、自分が「これをやりたい!」って意思が表れた時でもあると思うんです。だから理由をつけて始めるのに躊躇してたら何も変えられない。

今は割とフットワーク軽くしたいので、思ったことはすぐ始めるようにしています。ちなみに転職も最近しましたしね。

年収は下がったけど前の仕事がブラック企業よろしく残業が半端なかったので、今はそこまで忙しくもないし結果よかったと思ってます。年収が下がったのはこれからどうにかしていけばいいかなと。

他にもいろいろ考えてます→参考40代の一人暮らしが老後生活のことを考えてみる

まとめ

書き散らしただけで何を言いたいのかよくわからなくなってしまいましたが、やりたいと思ったことは躊躇せずにすぐ始めたらいい。

悩んで何もしなかったら悩んでるだけで人生終わっちゃうし、楽しく過ごせる時間が少なくなるのは勿体無いと思いますよ。