シンプルライフを目指して、ものを捨てる計画続きます。今回はこちら。
161017
こたつ布団です。冬はこたつを使ってたのでこたつ布団も持ってます。使ってたと過去形なので今の生活では使ってません。なのでこたつ布団を捨てることにしました。
ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

一人暮らしの冬の寒さ対策で買った家具

一人暮らしの部屋は狭くても冬は寒いです。やっぱり暖房器具は必要。

部屋にエアコンがついてますが、エアコンだと表面が暑くなるだけで体の芯までは暖まらない。末端冷え性でいつも足先が冷たい私にはエアコンでは冬の寒さをしのぐには物足りなかった。

そこで足先を温めてくれる暖房器具、「こたつ」を我が家に導入しました。

こたつは末端冷え性にはとてもいい暖房器具です。エアコンだけだと顔ばかり暑くてボーッとして指先や足先が冷たいのに、こたつで足先を温めればエアコン入れなくても快適に過ごせます。

私が買ったこたつは普通のローテーブルのようなデザインだったので、夏にはそのままテーブルとして使ってましたし一年中使える良い家具でした

寒さは解消されたけど。

私の冬の生活を快適なものにしてくれたこたつ。でも快適が故に良くない部分も出てきました。

それは一度こたつに入ると出たくなくなって動かなくなること。こたつを使ったことある人ならわかると思いますが、快適すぎて動きたくなくなる。

動きたくないから動かなくてもいい様に、座ってる場所の周りに本やテレビのリモコン、携帯などすべて手に届くところに置き始める。思いっきりずぼらな生活に染まります。

自制心があればこたつがあっても自堕落な生活にはならないと思いますけど、私には無理でした。それに床に直に座るので姿勢が悪くなり腰痛持ちな私にはこたつ生活はあまり良くないと思い始めました。

スポンサーリンク

 

こたつ生活を思い切って断捨離

こんな自堕落な生活してたらまずいと思い、冬のこたつ生活は止めました。暖房は部屋のエアコンのみ。

それでどうしても足先が冷たい時は厚手の靴下はいたり、ひざ掛けをかけて防寒。おふろに入る時にも足が冷えないようにしっかり温めるなど、冷え性改善の対策もしました。

使わなくなったこたつは普通にローテーブルとして使えるので、そのまま引き続き使用。こたつを使わなくなって初めての冬を迎えた時は、耐えれるかなって不安でしたが、こたつを使わなくてもひと冬過ごせたので、こたつ生活から卒業しました。

使わなくなったこたつ布団

こたつ本体は普通にテーブルとして使ってますが、こたつ布団が全く使う機会がなくなってしまった。

それでも捨てなかったのは(またいつか使うかも)っていうのと、(まだ使えるのにもったいないな)っていう思い。

前に捨てた時でもありましたが、参考いつか使うと思ってたその日はこなかった-捨てる理由その1

(また使うかも)と思ってるものが後で日の目をみることは経験上ほとんどないです。床から椅子に座る生活に変わったんだからいい加減そのことに気づくべきですね。

そしてこたつ布団は粗大ごみ扱いになる。手数料を払って、処理の申し込みをしなきゃいけない粗大ごみだとほんと捨てるのが面倒くさいです。

仕舞えるスペースがあるしめんどくささゆえ処分するのを先延ばしにしてました。この先こたつ生活に戻ることはないし、面倒なことは思い切ってしないといつまでたっても捨てられないので捨てることにしました。

教訓

・またいつか使うかもという考えは捨てる
・生活スタイルが変わったら元に戻ることはない
・仕舞う場所があっても使わなきゃただのゴミ

個人的にこたつは大好きなんですけど、好きだからといって使用頻度が高くなるわけではないですね。