部屋の収納は生活していたら永遠の課題です。片付ける為の収納術なんてのが書かれてる本を読んだりもします。

でもずぼらな性格なので結局はその方法でもうまくいかない。結局どういう方法がいいのか。たどり着いたのは収納スペースを減らす方が部屋を綺麗に維持できる事に気がつきました。


ランキングに参加中。ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

しまい込むと取り出すのが面倒

部屋を綺麗にするためにきちんと収納したとしても、後で使いたくなった時にその収納したものを取り出すのが面倒になってくる。

クローゼットの奥にしまってたりすると手前に置いてあるものを一旦どかして取り出す行為が手間に感じてしまいます。

だんだんとその行為が面倒になってきて結局あまり使わなくなってしまいます。そして使わないとあることすら忘れてしまう。

スポンサーリンク

 

収納方法を考えるのが面倒

クローゼットや収納ケースにしまう時、無駄なスペースを作らず、なおかつ後から取り出しやすい様に収納方法を考えてしまうと思うんですが、その方法を考えることすら面倒。

よくダンボールに隙間を作らずぴったりしまうのが上手い人と下手な人っていますけど、収納もそれと同じで空間認識能力が必要になってくると思います。

その方法をいちいち考えるのが面倒で、適当にしまいこんで結局後から取り出しにくくなる。そして最初にあげた理由の取り出すのが面倒になるという悪循環に陥ります。

そんな風にならないためにもなるべく考えなくてすむ方法が良い→参考どうしても片付けできない人がした方がいい簡単な整理方法

しまう場所がないなら捨てるというシンプルな思考でいい

結局ずぼらな人って頭で考えることが面倒なんです。だったら考えなくても済む方法は結局捨てるということになります。

収まるべきところに収まらなくなった余分なものは捨てる。取り出しやすい収納方法もわざわざ考えなくてもいい。

物が少なければ雑にしまっても取り出しにくいなんてことはない。収納術のコツを身につけるより捨てることを優先していればまだ部屋を綺麗に保てます。

ずぼらだからこそ収納することを考えない

私がシンプルな暮らしをしたいのも結局は片付けるのが面倒ってのもあります。

部屋の片付けが苦手なら、うまく収納出来る方法を身につけたいと思うんですが、綺麗に片付けられる人ってマメな人が多いと思うんですよ。

部屋にあるものを用途別に振り分けて収納スペースにきちんと収まるように入れ方を考えながらしまう。ずぼらな人ならこの行動がすでに面倒。

だったら最初から収納することを考えないで部屋を片付ける方法を考えた方がいい。出来ないこと克服するより、潔く認めて暮らすのも快適な暮らしの第一歩な気がします。